歯ブラシの選び方について

歯ブラシはお口トラブルの予防のためにも選び方が大事!そんな歯ブラシの基本の選び方について紹介します!(^^)!
MENU

基本となる歯ブラシの選び方

歯ブラシ

 

歯ブラシの選び方はお口トラブルを予防する上では大事!
歯ブラシを選ぶ際にはなんとなくこのデザインが好きだから!
たまたま安く売っていたからなど適当に選んでしまっている方も少なくはないはずです!

 

また、小さなお子さんだとお母さんが大抵は適当に歯ブラシを買ってきて
それを使っていることがほどんどだと思うので選び方は親次第となってしまいます。
そこから子供に口臭が発生してしまうということも少なくないようです。
>>>子供の口臭の原因について

 

ただ、一重に歯ブラシといってもいろんなタイプのものが販売されており、
また、口の中の状態は人それぞれ異なるため、適切な歯ブラシの条件も異なってきます。
つまり、自分に合った適切な歯ブラシは最終的には自分でちゃんと選んだ
方が良いということです!

 

とはいうものの歯ブラシの種類がたくさんあることで、
選べばいいのかも迷うところだと思います!
そんな方のためにここでは最低限抑えておきたい歯ブラシの選び方の
基本をいくつか紹介できればと思います(^^)

 

 

歯ブラシの硬さについて

 

歯にこびり付いた歯垢や食べ残しをしっかりと除去して様々なお口トラブルを
予防するために、歯ブラシの硬さはとても大切な要素です!

 

あまりに柔らかすぎると汚れは取れませんし、
硬すぎると歯茎を傷つけてしまい、別のお口のトラブルの
原因にもなりかねません。

 

つまり、歯茎を傷つけない程度にできるだけ硬めの歯ブラシを選ぶと
いうのが一番理想ではあります。

 

ただし、お口の中の条件は人それぞれ違うということで、
最終的には自分で実際に使ってみて微調整していく必要はあります。

 

歯ブラシのヘッドの大きさ

 

 

歯ブラシのヘッドの大きさは小さめにしておくことが無難です。
大きすぎる歯ブラシのヘッドは口内の狭い隙間を磨く際には
扱いにくく、また、口内を傷つけやすいというデメリットがあります。

 

歯ブラシのヘッドの硬さ

 

 

歯ブラシのヘッドの硬さもできれば柔らかいことが好ましいです!

 

柔軟性のある歯ブラシのヘッドはお口の狭いところを磨く際にも
磨きやすいというメリットがありますし、何より歯茎等を傷つけません。

 

歯ブラシの柄部分の形状

 

 

歯ブラシの柄部分は自分が使いやすいことが大前提だと思いますが、
無難なのはストレートタイプのものです。

 

ストレートタイプのものは持ちやすいため、
歯の細かい部分を磨く際にはスムーズにできるというメリットがあります。

 

 

 

上記はあくまで歯ブラシの選び方の目安的なところになります!

 

やはり、実際には使ってみて合うか合わないかは確認していく必要はありますので、
色々試してみた上で自分に合う最高の一本を探してみてくださいね!(^^)!

 

このページの先頭へ
自動積立定期預金