蓄膿症の予防法について

蓄膿症は口臭を引き起こす一因!適切な予防をすることも大切です!
MENU

蓄膿症を予防するには?!

蓄膿症の女性

 

膿は鼻のあたりにどんどん蓄積されていってしまう蓄膿症!
副鼻腔炎ともよばれますが、これが強烈な口臭を生み出す1つの
大きな要因となっています。

 

蓄膿症は一般的には高年齢の方ほど発生しやすいイメージがありますが、
意外にも子供の発症例も多く、子供の口臭原因としてもありえる病気のようです。

 

一度、蓄膿症にかかってしまった場合、一番手っ取り早い治療法は耳鼻科に行くことなので、
それをおすすめしたいと思いますが、ここでは蓄膿症にかかる前にできる
予防方法をいくつか紹介させて頂ければと思います。

 

細菌、ウイルスの侵入を防ぐ

蓄膿の発症は鼻から侵入してくる細菌、ウイルスが原因となるケースがあります。
つまり、風邪による鼻炎が引き金になり、副鼻腔が炎症を起こし、
急性副鼻腔炎を発症してしまい、それが慢性副鼻腔炎(蓄膿症)となるケースです。

 

ですのでできるだけウイルス等の侵入を防ぐような風邪対策(うがい等)
が蓄膿症の予防になります。

 

免疫機能UPで予防

蓄膿症になる1つの原因として、免疫力の低下というのがあります。
免疫機能は腸内環境が大きく影響しているので、そこの機能を活性化
させてあげる意味でも乳酸菌、ビフィズス菌といった善玉菌を定期的に
摂取してあげることは有効な蓄膿症予防となります。

 

もちろん、ヨーグルトだけではなく様々な乳酸菌飲料が市販では
販売されているのでそういったもので代用しても大丈夫だと思います。

 

予防のために定期的に耳鼻科での診察を!

蓄膿症はいつの間にか発症して、悪化していることも多い病気です!
自分ではただの鼻づまりとしか認識していなくていつの間にかきつい口臭が発生!
なんてケースも少なくありません。

 

ですので慢性的に鼻の調子がおかしいと感じたのであれば、
近くの耳鼻科で診察を受けてみるというのも1つの予防法となります。

 

なたまめ茶での予防

なたまめ中に含まれるカナバニンと呼ばれる成分に膿を排出して
くれる効果があると言われており、このなためまを加工して
飲みやすいお茶にしたものがなたまめ茶になります。

 

このなたまめ茶は耳鼻科でも蓄膿症予防として強く推奨されている飲み物で、
市販や通販等でも手軽に入手できるものです。

 

>>>通販で今注目のなたまめ茶とは?!

 

このページの先頭へ
自動積立定期預金